MENU

総量規制とは?

「総量規制」とは、どのような制度なのでしょうか? ここでは、気になるワード「総量規制」について、役割や意味など、詳しく説明したいと思います。

 

【総量規制の歴史】

総量規制は、2006年に成立した「お金に関するルール」です。

 

3分の1ルールで知られる「総量規制」など、全ての条項が完全施行されたのは、2010年6月のことです。総量規制は、債務者の借りすぎや債権者の貸しすぎを防ぐ目的で規制を行っています。

 

実際に、総量規制が施行されてから、多重債務に陥る方(債務者の割合)は、少なくなりました。

 

【どのような働きをするのか?】

総量規制では、年収の3分の1までしかお金借りることができないよう制限を受けます。

 

例えば、年収240万円の人は、カードローンでの借入(キャッシングも含めて)は、80万円までに規制されます。もし、キャッシングで既に30万円の借入がある場合は、80万円から30万円の利用分を差し引いた「50万円」が融資可能額として設定されます。

 

【総量規制の対象になるのは?】

銀行をのぞいたすべての借入に適用され、消費者金融、クレジットカードのキャッシング分は「総量規制の対象」となります。

 

ただし、クレジットカードのショッピング分は「総量規制の対象外」です。ショッピング分は「割賦販売法」によって規制をされるのですが、総量規制の対象とはなりません。

 

【総量規制、対象外のローンとは?】

総量規制外のローンは、銀行ローン、消費者金融の扱う「おまとめ目的」のローンです。銀行のローンは、すべて総量規制の適用を受けず、カードローン、住宅ローン、教育ローンなども、すべて対象外となります。

 

消費者金融での借入は、原則として「総量規制の対象」となりますが、借入の負担を減らす以下のローンのみ「総量規制の対象外」となります。

 

・ おまとめローン(貸金業法に基づくおまとめローン)
・ 借入の一本化を目的としたローン

銀行系とは?

「銀行系ローン」という言葉を聞いたことがありますか? 銀行系とは、銀行の子会社が融資を行うカードローンを指します。

 

【銀行系列のカード会社】

カードローンのモビットは「三井住友銀行」の子会社が発行する、カードローン商品です。同じく、カードローンのアコムは、三菱東京UFJ銀行の子会社が融資を行っています。また、一週間無利息でおなじみのノーローンは、新生銀行の子会社がカードを発行しています。

 

【消費者金融=銀行系では無い】

全ての消費者金融が銀行とつながりを持っている訳ではありません。例えば、カードローンのアイフルは、どの銀行とも接点のない「ノンバンク系」のカードローン商品です。

 

街金と呼ばれる小さな個人の消費者金融も、ノンバンク系の金融機関として分類されます。

 

【銀行ローンと、どう違うの?】

銀行ローンとは、銀行が直接融資を行うローン商品です。都市銀行、地方銀行、ネット系の銀行まで、どの銀行も「ローン商品」を扱っています。銀行ローンは、全体的に金利が低く、融資の額が大きく設定される傾向にあります。

 

これに対して、消費者金融は(銀行系も含めて)全体的に金利の設定が高く、融資の金額は少なくなることが多いです。

 

【メガバンク系の消費者金融は強い】

ただ、プロミスやモビット、アコムのような大手の消費者金融は、親会社(大手銀行)のバックアップもあり、低金利で高額融資に強いローンブランドとして、広く親しまれています。

 

【人気のある、銀行ローンは?】

ここまで「銀行系ローン」について説明しましたが、人気のある(有名な)銀行ローンには、どのようなブランドがあるのでしょうか? 現在、大きな注目を集める「銀行ローン」を一部、紹介したいと思います。

(人気の高い銀行ローン)
新生銀行のレイク、オリックス銀行カードローン、楽天銀行、イオン銀行など

 

この中でも、新生銀行のレイクと、オリックス銀行のカードローンは「金利が低く、貸し出し実施の条件が比較的ゆるやか」という理由で、大きな人気を集めています。

 

【銀行系と銀行ローン、どっちがおすすめ?】

どちらも、それぞれ「良い面を持ったカードローン商品」です。ただ、審査を受ける場合は、申し込む順番に注意する必要があります。銀行ローンの中には、消費者金融を利用していただけで、審査否決を決める金融機関があります。

 

このため、銀行ローンを第一希望に受け、滑り止めとして、銀行系のローン会社を利用すると良いでしょう。